健やかな肌にする化粧品

頬を触るウーマン

自然由来のものを選ぶ

アトピーは、肌の防御機能が低下することで乾燥しやすく痒みや湿疹が出る肌状態のことを言います。乾燥すればするほど、肌状態は悪化して痒みも強くなるため積極的に保湿して乾燥しない環境を作ることが最も大事になります。アトピーに良いと言われる化粧品は、着色料や香料、鉱物油などの合成成分が一切入っていない天然由来成分からなる化粧品を選ぶことが大切です。アトピーを引き起こす原因としては、汗や垢、皮脂などの皮膚上の汚れや大気汚染や日光、合成物質などが考えられます。天然由来成分の化粧品であれば、機能が低下した肌にも優しく働きかけより肌を健康にすることが出来ます。植物やフルーツのエキスをふんだんに使ったオーガニック処方のものを選ぶと良いです。

たっぷり保湿を行う

アトピーの人は、もともと肌が乾燥しやすいので入浴後や冬場、季節が変わる時期は特にいつも以上に乾燥しやすくなっています。日頃からこまめに保湿を行うことが大事ですが、特に乾燥しやすい時期はたっぷりと化粧品を使ってとにかく保湿を行います。肌が乾燥すると、アトピーの症状も悪化する傾向にあるため保湿力の高い化粧品を使うことも重視すると良いでしょう。また、その他にもアトピーは紫外線にも弱いので紫外線対策もしっかり行うことで症状の悪化を防ぐことが出来ます。日焼け止めの作用が強いものは肌に良くないので、数値が低いものをこまめに塗り直して紫外線から肌を守るようにします。保湿と紫外線対策を行えば、肌は健康になり症状改善にもつながります。